knowledge

ロゴとはいったい何?

ロゴは事業者の顔

ロゴは事業者の代わりとなって企業や店舗、ブランドや製品などの顔として、顧客の方々にその存在を知っていただくための「最強のツール」です。

それは何故か。

人間はほとんどの物事を視覚から得た情報を頼りに生活する生き物だからです。

そして、その時に抱いた第一印象で物の価値や良し悪しを判断することも少なくありません。

その第一印象を良いか悪いか決定付けるという意味で、この「ロゴ」は企業や店舗、ブランドにとって非常に重要な要素を私は考えています。

難しいことを言いましたが、ただ単純にロゴが好きだから、カッコいいから、可愛いから持っているブランドはありませんか?

そんなロゴを一緒に作っていけたら、そんな風に思っています。

ロゴの構成

ロゴマークは一般的に「シンボルマーク+ロゴタイプ」或いはその組み合わせに「タグライン」のついたものがあり、縦組みや横組みなどのバリエーションがあります。

▷シンボルマーク

企業理念や製品の性質、イニシャルなどで設計されていることが多く、その象徴を図案化したもの。

▷ロゴタイプ

ネーミングを文字で表した物で、装飾を施す場合や、ロゴタイプ単体で「ロゴ」とする場合もあります。

▷タグライン

ロゴに添えられるメッセージで、企業理念やスローガン、キャッチコピーなどが使用されます。

トクナガデザインオフィスではデザインだけでなく、企業や店舗などのネーミングやタグラインも含めご提案させていただいておりますので是非ご相談ください。

kousei
ロゴの種類

前項でご紹介したようなロゴが一般的なロゴとされていますが、シンボルマークにロゴタイプが内包されているようなデザインや、筆文字で書いたロゴなど、特殊なロゴも存在します。

これらのロゴは主に製品ロゴや、筆文字であれば和に関するお店や製品に使用されることが多く通常のロゴに比べインパクトが強く印象に残りやすいことが特長です。

ただし、配置の方法やカラー対応などの汎用性に欠けるというデメリットもあります。

トクナガデザインオフィスでは、そのようなロゴも含め、ほぼ全てのタイプ、種類のロゴデザインに対応していますので、どのようなことでもご相談ください。